NPO法人 国際教育振興協会 英語教育推進委員会

  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ

J-SHINE認定Teyl-JAPAN

Teyl-JAPAN(ティール・ジャパン)

Teyl-JAPAN(ティール・ジャパン)はカナダにあるAdvanced Teachers Training Inc. が長い年月をかけて開発した国際的な英語指導者育成プログラム「CertTeyl Program」を、私どもNPO法人 国際教育振興協会 英語教育推進委員会が日本の指導者向けに再開発した、日本での指導に特化したオンライン研修プログラムです。

Teyl-JAPANロゴ

NPO法人 国際教育振興協会 英語教育推進委員会では、2002年に「総合的な学習の時間」における国際理解教育の一環としての「小学校英語活動」が始まって以来、小学校視察、現場の先生方の声を聞く、といった活動を通じて小学校英語活動の動向に注視してきました。そうした中で、私どもは2004年から本格的に小学校の先生方向けの研修会を運営・実施してきました。全国で行ってきた研修会では、現場で直接生徒に指導をする先生方の声を聞く機会が多くありました。その声の中には、自分の英語力がないと指導は難しいのではないか、明日から授業を行わなければならないのにも関わらず何をしていいかわからない、もっと研修の機会を増やして欲しい、などが多く挙げられ、英語を専科としている中・高の先生とは違う、小学校英語に対する心配を伺い知りました。

セミナーイメージ

英語を指導するにあたって、その指導する学習者にあった英語力は必要不可欠なものです。しかし、英語が堪能だからといって良い授業ができるとは限りません。特にジュニア(~15才)英語を指導する場合、子供の心を読み、その心の動きをいかに授業に反映させ、子供達一人一人のモチベーションを高め維持していく事ができるかが問われてきます。このことからも、言語を指導する上で最も重要なものは「指導力」であると言えます。子供の状態は大人以上にその瞬間、瞬間で変化していきます。その変化を読み取り、実践に結び付ける、その力を兼ね備えて初めて「指導者」であると言えるのです。

3つのキーワード Teyl-JAPAN受講画面1 Teyl-JAPAN受講画面2

「英語が使える日本人の育成のための行動計画(文部科学省)」にも、「指導方法の改善、教員の指導力の向上」が重要課題の一つであると明言されています。現在、全国各地で様々な教員研修、英語指導者研修会が実施されていますが、日本近隣諸国と比べても圧倒的に指導者向け年間研修時間が少なく、またその受講者の数は全体数から見ても、ごくわずかに留まっています。その理由の一つとして、多忙のため、スケジュール調整が困難で参加できない先生方も多い事があげられ、そのことからも「地域や時間の制約を受けずに受講可能な研修プログラム」が求められています。

このような実情を鑑み、小手先だけのテクニックではなく「教師としての指導力と資質の向上」に重点を置いたオンライン研修プログラムを開発致しました。このコースでは、「Tutor(個人講師)制度」が、英語指導の現場に携わる先生方、またこれから教師を目指す方々を力強くサポートし、受講者に「指導への自信」をつけるということが最大の特徴です。

今の指導に不安を持っている方、またはこれからジュニア英語教育に携わりたいと考えている方には、是非お勧めしたいプログラムです。


Teyl-JAPANホームページ